お通夜について


お通夜について

お通夜は実際に葬儀が執り行われる前、すなわち葬儀前夜に文字通り夜通し行う儀式のことです。基本的には仏式のものを指しますが、神道やキリスト教式の葬儀においても通夜が行われることは珍しくありません。
亡くなった故人との別れを惜しみ、同時にその人物の死を受け入れる、そのことで故人の霊魂が成仏することを願う儀式であるとも言われ、由来には大きく二つの説があります。

天皇皇后両陛下のご日程:平成25年(1月~3月) - 宮内庁

ひとつは仏教に由来するもので、釈迦の入滅に際し、その弟子たちが遺体を守りながら、夜通しの説法を行ったことに由来するという故事によるもので、もちろん夜通しお坊さんの説法を聞くということではありませんが、一般的にはこちらが通説です。もうひとつの説は日本の古代における葬儀儀礼に由来するというもので、意味合いとしては前述の通夜の意味合いと全く同じであり、古事記や日本書紀、あるいは万葉集にもその記載が見られます。

石巻 葬儀

実際、棺に安置された遺体と同じ部屋で夜を過ごし、近しい人々との語らいを通して故人を偲び、そのまま朝を迎えるものとされているため、少しだけ慌しさが薄れてくることもあり、遺族にとって貴重な時間となるものです。弔問客も急遽駆けつけることを想定し、その服装にも特段の規定はなく、本来は緩やかな時間を想定した儀式ととらえるべきでしょう。

東松島市以外の職員採用情報 - その他のコンテンツ / 東松島市公式WEBサイト

近年、完全な夜通しというスタイルではなく、時間を短縮して行う「半通夜」というものも一般化してきました。そもそもお通夜が夜通しとなった発端は、弔問客が絶えることがなく、当然線香を上げる行為もひっきりなしに行われるため、結果として絶えることが無かったというものであり、そのことによって故人が浮かばれるといったような意味合いは全くありません。年配者の中には線香の絶えることを忌み嫌い、また、いわゆる寝ずの番こそを通夜の美徳であるかのようにとらえる向きがありますが、どの宗教、どの宗派であってもそのような習慣はないのです。逆に遺族の疲労もピークに達しており、少しでも身体と心を休めておくべき時間であるにもかかわらず、親族の手前、無理をしてしまう人も多いようです。

現在、夜通し消えることのないロウソクや線香が販売されていますが、これはある意味滑稽であり、反面その程度の風習と考えることもできます。いずれにしろ、故人を偲び、長いお別れをする場となるお通夜ですから、自己満足や独善的な態度は改め、しめやかに行うことを心がけるべきでしょう。